google-site-verification=5yIewc_8Cj4m8a7pWUASYyJ6RG8rlw37gvbEHO_i8lA

ニュース

首都高湾岸線の炎上事故動画!トラック運転手の名前に画像!事故原因や理由は?

投稿日:

 

 

 

今朝、こんなニュースが飛び込んできました!!

17日の午後、首都高湾岸線でトラックが炎上して後続車が次々と
玉突きを起こす事故がありました。
事故やトラック炎上の原因は何だったのでしょう?

また、炎上したトラックに乗っていた運転手の名前や
顔などは、ハッキリされているのでしょうか?
調べていきたいと思います!!

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

 

首都高湾岸線の炎上事故のニュース

 

 

首都高湾岸線の炎上事故のニュースがこちら↓

 

17日午後11時ごろ、神奈川県の首都高湾岸線のトンネル内で
トラックから火が出る火災が起きたあと、同じトンネル内で
10台以上の車が追突する事故があった。消防によると
1人が死亡、22人が病院に搬送されているという。警察によると、17日午後11時15分ごろ、川崎市川崎区の首都高湾岸線で
「トンネル内でトラックと乗用車の事故が起きている」と110番通報があった。警察が駆けつけると、トンネル内では、路線バスやトラックなど
10台以上が次々と追突していたという。
事故の直前には、このトンネル内で、トラックから火が出る火災があり
煙が充満していたとみられるという。消防によると、この事故で、路線バスを運転していた
50代の男性1人が死亡、ほかに22人が病院へ搬送されたという。現場周辺は、現在、通行止めになっている。

 

 

首都高湾岸線の炎上事故の動画

 

 

事故動画はこちら←クリック

 

後続車の方が、スマホで撮影したような映像ですね。
怖いですよね、特にトンネルという所が
本当に怖いです。

すごい炎がうつっており、事故の大きさを
物語っています。

事故発生は、17日午後11時ごろとの事です。
現場は川崎市川崎区の首都高湾岸線のトンネル内という事です。

 

 

事故現場付近

 

 

海の中のトンネルだとニュースでは言っていました。

 

 

 

首都高湾岸線の原因や理由は?

 

なぜこの様な大事故に発展してしまったのでしょうか?
原因はなんだったのでしょうか?

その原因は、トラックから出火したのが原因とのことです。
それに気づいたトラックの後続車がクラクションで合図をおくりました。

 

運転手が気づいて路肩に停め
トラックの運転手は難を逃れたという事です。
ですが、トンネル内には出火の際の煙が充満してしまったようです。

 

視界を失った後続車は次々と追突事故を起こしてしまったようです。
この事故で、路線バスを運転していた50代の男性1人が死亡したほか
22人が病院に搬送されているという事です。

事故の原因理由は、トラックから出火した事により
煙で後続車の視界が失われたことによる事故でした。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

トラックの炎上理由は?

 

そもそも、今回の事故の原因はトラックから出火し
炎上した事でしたが、トラックの炎上理由は何だったのでしょうか?

 

今現在では、トラックの炎上理由が何だったかにつきましては
テレビなどでは、報道されていません。
判明し次第、追記します。

 

しかし、情報によるとトラックの荷台から出火し後続車がクラクションで
知らせたとありましたので、何らかの
トラックの故障やあるいは、発火するような物を
積んでいたのでしょうか・・・。

 

 

炎上トラックの運転手の名前や顔画像は?

 

では、炎上したトラックを運転していた運転手は誰で名前や顔などは
判明しているのでしょうか?

今現在のところ、トラック運転手の顔や名前などの情報は
判明しておりませんでした。

出火炎上の責任が運転手にあるのか
運送会社にあるのか、それらの責任主体によっても今後の報道が変わってくる
かもしれないですね。
でも、トラック本体の故障であれば
運転手の方も、危険な目にあっているので
被害者ですよね。

 

 

首都高湾岸線の炎上事故でのネットの声

 

亡くなられたのは乗用車ではなくて、バスの運転手さんなんですね。
痛ましい事故になりました。
怪我をされた方も、早い回復を祈ります。
地方の者なので首都高は何回走っても怖い。
道は狭いし、見通し悪いし、車は多いし、左右から合流してくるし、合流レーン短いし…
亡くなられた方の御冥福をお祈りします。
トラックが炎上している横を事故直前に通り過ぎました
トラック付近までは視界は有ったがトラック横通過直後に
黒煙に突っ込み急ブレーキを踏んだがあまりの煙の濃さに早く
この場から抜けたいと最徐行で移動しましたが
ボンネットの先さえ見えないくらいの濃い煙でしたし命の危険を感じました
後方では急ブレーキの音やクラクションがあちこちでなり
自分もいつ追突するのかされるのか恐怖でした。
その時点ではトンネルの入り口の信号機は青でした。
車間をあけないとか色々憶測で書いている方いますが
避けきれなかったと思います、たまたま自分がほんの数秒前に
通り抜けられただけだと思います、亡くなられた方のご冥福を祈ります。
詳細は分からないが首都高川崎のトンネル辺りは見通しも
良いし割と皆んなスピード出すよね。
亡くなられた方、多くの怪我人が出たのは気の毒。
明日は我が身、気をつけなければ。

 

 

まとめ

 

今回は、首都高湾岸線の炎上事故について
書いていきました。

亡くなられた方の
ご冥福をお祈りいたします。

 

 

スポンサーリンク


-ニュース

Copyright© 誰でもなんでも調査隊! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.